きらほ米

いわての新ブランド米「きらほ」

寒さの厳しい岩手県北の米農家である私たちは、この「きらほ」に夢と情熱をかけ、今年作付けにチャレンジした。 まだまだ知られていない「きらほ」ではありますが、皆様から美味しいと選ばれるお米になるように育てて参りたいと思います。

県北で育たない「いわてブランド米」

岩手のブランド米といえば「ひとめぼれ」。
しかし、岩手県の県北に位置する玉山区は、寒さが厳しく「ひとめぼれ」が育たない。
そのために、この地域は、寒さに強い「あきたこまち」を作付けする。
岩手の農産物を紹介するために、東京の催事出展した時に、
お客様から「岩手の農家なのにどうして“あきたこまち”なの?」と聞かれた。
それで県北でも美味しく育つ岩手ブランド米を作りたいと熱く思ったきっかけだった。

きらほの取り組み夢を託して

きらほは岩手で開発されたばかりのお米。まだ種籾の量も少なく大々的な栽培は難しいのが現状。私たちは平成25年に他の地域で試験栽培されたきらほを試食し、お米の甘みに感動したため栽培を決意。「この米なら、岩手の米だって胸を張って販売できる。岩手で生まれた岩手の米を、多くの人に味わってもらいたい!」その想いから、まだ数の少ない種籾をようやく確保し少ないながら栽培を始めている。

きらほの特徴

きらほの最大の特徴は甘みが強く、とにかくもっちり柔らかいこと。歯の弱い高齢者や、小さいお子さんにも無理なく食べられるお米です。また低アミロース米で冷めてももちもち食感が続くため、おにぎり、おこわなど弁当にも向いている。そのほか水分量が落ちぼそぼそする古米に、きらほを1合混ぜて炊くだけでお米の旨みを蘇らせる、そんな不思議なお米です。

きらほ米の購入は当サイトのお問合せフォームからお申込ください。 ※数に限りがございますので、大量のご注文にはご希望に添えない場合がございます。

お問合せフォーム

ご注文に関して